第三十五回「みぎわ賞」受賞作品
                   〈山 田 富士郎 選〉

 ハイタッチ         依 田 しず子

しゃれこうべ
頭蓋骨に五臓六腑を吊り下げて杖で支えるこれぞ晩年

喜怒哀楽のいずれも淡し卒寿より先の一日一日は

感情論役に立たない最晩年火を止めポータブルトイレに走る

本当の死へのレッスン積むごとく昼を過ぎれば仮の死ばかり

ハプニング次々続く日常に秋がさやかな風に始まる

流感発熱事態急変計画中断入院我儘介護八年

田螺殿をお墓参りに誘う唄兵舎に余暇のまだある頃の
よんじゅう
四十歳となっても覚めにき夏の夜の絨毯爆撃被弾の夢に

教育は慄ろし父の朝鮮人軽視蔑視を修正し得ず

元日を迎えやれやれ月並みな感想はそう十日ほど前
                                                ふ じ
七日分老いたか父の世話に往く一月半ば富士山は真っ白

一生の終わり始まる一日もリハビリ済めばハイタッチする

急いて急いて沸かす湯たんぽ「さぶいさぶい」最後の言葉

排便し嘔吐し身の裡軽くしてすとんと心臓停止する

なんとまあ素朴な願い「ベッドで横になりたい」父よ眠れよ

命ひとつ終わりし次に葬儀屋の24時間フリーダイヤル発信す

週一の通い介護の水曜日本降りの日は十指に余る

朝な朝な撒きし雀の餌を余す娘が猫を飼い始めてより

はじめから甘い抹茶のラテなのだ想定内の冷たきカップ

週に一度のわが通い日に死にたまえよ父 死にてくれたり